婦人科を味方につけて私らしいライフデザイン、はじめませんか?

第64回月例勉強会「月経日を快適に過ごすには」

 

開催日時: 2014年10月14日(火)19~22時半 

開催場所: あえん芝離宮店(大門/浜松町駅)

参加者: 6名

内 容: 生理の日を快適に過ごすために…

フェミニンゾーンケアについて、9月に勉強してきたばかりだったので

まずはその報告をしました。

 髪の毛はシャンプー、体はボディソープ、顔は洗顔料、と使い分けているのに、粘膜であるフェミニンゾーン(性器周辺)はどうして分けないの?

という発想から、フェミニンゾーン専用の洗剤があることを紹介。香港やシンガポール・マレーシアでは常識だそうですが、日本ではまだその存在すら知らない女性が多いです。それに対し、フェミニンゾーンの悩みは9割の女性が感じています。におい、かゆみ、おりものなど気になるときは普通の石鹸では必要な菌まで洗い流してしまうのでかえってよくありません。よく「石鹸は使わずぬるま湯で充分」といいつつ、実はそれより良いのが専用ソープなのでした。粘膜に適切なペーハーを保ってくれるので、清潔にしながらも必要な菌や潤いまでなくすことなく保ってくれます。生理中の臭いが気になるときやおりものが多いときなどにこれがあると便利ですね。実物を手にして、香りをチェックしたりしました。


 それから生理用品。基本ともいえるナプキンは、気軽に持ち歩けるオシャレで薄型のもの、月経過多や夜安心タイプの大きなサイズのもの(オムツ?!)、最新の液体由来の新素材でできたものなどを実際に広げ触ったり、水を含ませてみたり、まさに女子トークが盛り上がるとはこのこと!(笑)

 タンポンも、膣内残存で受診した患者の話やその例をふまえて強度を試してみたり、それぞれみんなの入れ方のコツをシェアしあったり、「あの格好は誰にも見せられないよね!」なんて笑いも絶えず…。


 変わったところでは、ディーバカップという膣内にシリコン製のカップを挿入して経血をためるもの、布ナプキンとその使い心地など。参加者同士でそれぞれの経験談もあり、お互いにいろんなことを知ることができる会になりました。


 おなじみの生理用ナプキンでも、たくさんの種類試すことはあまりないので、アソートパックにしたおみやげはみなさんよろこんでいただけたようです。思った以上に盛り上がって楽しかったです。


参加者の声

◆ フェミニンゾーンソープやいろいろなナプキンの吸水性、
ディーバカップ等みて触って楽しかったです。


◆ 今日は女子だけだったのでナプキンの話をたくさんできてよかったです。
(男性がいるとやっぱりちょっと恥ずかしいので)

あと、メンバー同士で子宮頸がんの話もできて自分自身すごくすっきりしました!

来月も来れたらいいな。


◆ いろんな生理用品が見れてよかったです。とくにディーバカップ!

いつもタンポンなのでナプキンが進化しててびっくりしました。

もう10月なのに今年初参加になってしまいましたが、これからもよろしくお願いいたします。


◆ 今日はたんぽんナプキン解体ショーができて楽しかったです!!

いろんなナプキンのおみやげも嬉しかったです。

普段布ナプなので試してみます。


◆ 今日は少人数でわいわいやれて楽しかったです。

ディーバカップ、タンポン、布ナプキンなど実物を見られて、実演(?)もあり、

新しいことがいろいろと知ることができました。

布ナプキン試してみたいと思います。

ピルの飲み方の相談もできてよかったです。


※写真・文章共に、参加者の許可を得て掲載しております